> 基礎コース生のデッサン
「ポリタンク、お玉、たわし」を組み合わせて描くデッサンは、当研究室の定番課題の一つです。大きな明暗の差と質感の差があるモチーフを同時に描くことで、それぞれの特徴をつかむ大切さを感じてもらいます。
最近描いた基礎コース生(高校1年生、2年生)の作品からいくつか紹介します。
色の白いものと黒いものとの違い、反射率の高いステンレス、固い毛が生えたタワシ、半透明プラスチックの質感の差に対して、しっかりと反応することができました。
c0208757_1353954.jpg
c0208757_1352992.jpg
c0208757_1351743.jpg

c0208757_1135550.jpg

c0208757_1334780.jpg

[PR]
by m-art | 2014-07-04 13:12 | 作品