> 二学期の最終講評
全員集まっての講評会を行ない、二学期の授業がすべて終了しました。
講評をしてみて、受験生のデッサンが安定してきた印象が強かったです。
難しめのモチーフの作品が多くありましたが、くずれることなく、描き込みの感じも充実してきたように感じます。

講評会の後は集合写真の撮影とスライド上映を行いました。
今回のスライドの内容は、近代絵画の歴史の中で色彩の課題のする上で役立つ、知っておいてほしい作品と、卒業生の描いた作例の紹介でした。
このスライド上映の内容を活かせるような色彩課題を、今後の授業や講習の中に盛り込んでいく予定です。
c0208757_19452273.jpg

by m-art | 2016-12-15 22:19