人気ブログランキング |
> デッサンコンクールと全体講評 (2019年10月22日)

当初10/12()に予定していた全体講評ですが、台風21号の接近により延期して10/ 22(火・祝)に行いました。それに先立つ10月第一週にはデッサンコンクールを、第二週には受験生対象の実技模試を行なっていて、全体講評では日頃の授業の作品とともに、デッサンコンクールの講評とまだ講評されていなかった一部の実技模試の講評も行いました。

c0208757_01361773.jpg
c0208757_01274672.jpg

今年度2回目になるデッサンコンクールには、最近入塾したばかりの人などを除いて39名が参加。「コカコーラ瓶、ダンボール箱、リボン」のモチーフを3時間で描きました。

c0208757_01270450.jpg
c0208757_01271396.jpg
コンクール1位
c0208757_01271626.jpg
コンクール2位
c0208757_01272639.jpg
コンクール3位
c0208757_01265592.jpg
デッサンコンクール制作中の様子

実技模試のうち京都市立芸大の色彩模試(今年度2回目)は、モチーフとして「エビアンペットボトル」が与えられながらもイメージ展開も可能な出題でした。3時間で魅力的な画面構成や色彩表現を実現するにはまだ力が及ばない状況ですので、配布したプリントにも書いたように、日頃からエスキースをたくさん描いて構成の可能性を探るようにして、魅力的な画面構成が短時間でも出せるように練習していきましょう。


全体講評の最後には、京都芸大合格者の合格再現デッサンおよび着彩制作のビデオと、東京藝大デザイン科合格者の平面作品制作デモンストレーションビデオを、それぞれ一部をピックアップして説明しながら見てもらいました。

c0208757_01275140.jpg



by m-art | 2019-11-02 01:42 | 教室風景